Z-app! ザップ!

Read Article

スマステ スゴすぎ文房具特集!(4/11)木村拓哉来た!

スマステ 家・会社・学校で使いたい!スゴすぎ文房具SP木村拓哉来た!

スマステの文房具特集!キムタク緊急参戦

スマステの文房具特集はいつ見ても面白いんですよね−!

今回は2015年版は超進化しています!!
ただ、今回は結構デジタルよりになってしまったので
何となく感動が薄かったように思います

もちろんデジタル系はスゴいんですけど
分解マニアとしては構造的な部分での見える進化が好きなんですけどね

でも、この放送を見て新しいスキャナーが欲しくなりました(笑)

個人情報を完全簡単保護!「ケスペタ」

ダイレクトメールや郵便物を中心に自分の住所や名前を簡単に保護して破棄できるグッズです。

私も小さなシュレッダーを持っていてDMなど処理するのですがかなり面倒!!
結局、はがき1枚でもシュレッダーに入れてクルクル
「ケシポン」ってやつもありましたが最初に1000円位して買うのをためらってしまった記憶があります。

その点これは300円程度なので
とりあえず買ってもいいかなという感じになりますよね

ただ量的にすぐに無くなりそうな感じもしますけど…

どこにでもさせる!画期的な「差し込みフリータップ」

YAZAWA(ヤザワコーポレーション) H75115WHYAZAWA(ヤザワコーポレーション)...

YAZAWA(ヤザワコーポレーション) フリータップ
価格:1,279円(税込、送料別)

これは個人的にはすばらしいアイデアだと思いますが
ちょっと今の自分には使いどころがない感じですね

会社などでは良さそうですが
いっぱいささるので過電流に気をつけないと
火災リスクが高まりますな

なのでブレーカー付きのタイプをオススメいたします

2色のマーキングが1本になった蛍光ペン「ビートルティップディアル」

キムタクも???な
良さそうだけれども….

受験勉強の時は「蛍光ペンの2本持ち」なんてこともしましたな
そう考えると受験生や学生さんには喜ばれるのかな

しなるペン先でバツグンに書きやすい蛍光ペン「ジャストフィット」

筆ペンのように柔らかくなったペン先で
しなやかにマーキングができるそうです

ペンをつなげて使える蛍光ペン「カラーバーレル」

蛍光ペン以外にも細いペンを様々にカスタマイズ出来るので自分の好みに使える!!

昔、こんな子供用のペンありましたね

支点をずらして格段に切りやすい「スウィングカット」

厚紙も切ることが出来る!

13万本の大ヒット中のはさみだそうです
従来のはさみよりも軽い力できることができるようです

スマホにメモをクラウド保存「CamiApp」

これは専用のメモとメモ台を使うことによって書き込んだ文章を
かなり高精度にテキストデータにすることが可能だそうです。

ただ、高い!

ここまで出すなら次のスキャナーとかを買った方がいいかなー
手書きメモをテキストデータに置き換えるという機能は
便利っぽいですけどどこまで使用頻度があるかですね

私なら手書きのままpdf保管しますし
テキストデータで提出が必要な場合はたぶんメモから推敲しますから
そのままデータ化するメリットは薄めですね

ということでスキャナー派です

省スペースのスキャナ「デスクショット」

現在進行形でスキャナーも進化していますね
個人的にはScanSnap(スキャンスナップ) S1100を愛用しているけれどもこのタイプは
省スペースで簡単なのでスキャナーデビューするには良いかもしれません

本や雑誌、ノートなどを非破壊でスキャンできるのもいいですね!

ちなみに私が選ぶならこっち(笑)
普段はデスクライトとして使用可能で
iPhoneを乗せてiPhoneのカメラをスキャナーとして使用します

スキャナーとしてはiPhoneを使用するので
専用機には及ばない面もありますが
ビジュアルも含めてアリかなと思います

SnapLite – iPhoneを高性能スキャナにする、かしこい照明。

SnapLite Introduction from SnapLite on Vimeo.

バツグンの収容力「ストレッチペンケース」

なんとペンが103本も入っちゃいました!!
無理矢理ですけど(笑)

ただ、本当に使い道が不明です
こんなにペン入れないし
少なくとも私の人生で1度も必要な場面はなかったと思われます

ちょっとした付箋を貼っておくことができるペン立て「ふせんタワー」

んー
個人的には見えるところに付箋を大量に貼るのはアウトなので…

静電気でメモがくっつく不思議なスタンド「ラッケージ」

マニアックな文具を作ることで有名なキングジム
さっきのデスクショット(スキャナー)もキングジムです
有名なテプラもポメラもキングジムです

革新的なアイテムを世に出し続ける姿は素敵です

このラッケージもマニアックすぎて需要がちょっと見えてきません

0.34mmのシールタイプ印鑑「スマート印鑑」

シート状になって貼るタイプの印鑑です。

文房具の手帳コーナーなどに置いているようです

シート状の印鑑でいざというときに便利ぽいです

場合によっては受領されないこともあるようですが何かと便利な面もありそうです

スマート印鑑|世界最薄0.34mmの携帯印鑑

でもここまで来るともう印鑑いらないんじゃないかと(笑)
サインでいいじゃんかーと思ったりしてしまいます

12印影で380円ってことで
高すぎます!


ここからはスマホアプリでした
リンク先はiPhone用のものです

手書き計算機「MyScript Calculator」

MyScript Calculator – 手書き電卓 App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

これはずいぶん前にインストールしたことがありました
今はもうないですけど….

手書きで計算を入力すると勝手に計算してくれるというアプリ
当然ですが字が上手な人しか使えません(笑)

殴り書きはたぶんちゃんと認識できないと思われます
イライラする可能性も高いかもしれません

とはいっても電卓でどうやって入力するの?
みたいな計算はちゃんと入力さえできれば便利かもしれません

それでもiPhoneの場合なら画面外の下側から上にシュッとやると計算機でてきますから

名刺管理「CamCard Lite」

CamCard Lite:名刺管理·日本語他16言語対応 App
カテゴリ: ビジネス
価格: 無料

個人的にはEvernoteをオススメいたします。
プレミアムになってしまうので月額450円かかりますが…..
Evernote App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

名刺だけでなく様々なドキュメントをスキャンするなら
iPhoneのScannableが超便利です
Evernote Scannable App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

iPhoneを移動させるだけで距離や高さ、角度を測ることができる「Flying Ruler」

移動して測定 – Flying Ruler App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥150

これは便利そうです
さっそく買いました(笑)

で、使ってみたのですが
全然測れません…たぶん僕の使い方が間違っているようです

もうちょっと遊んでみてレビュー追記しますね

最後に…

と様々な文房具が紹介されました
何だか今回は「これ文房具?」みたいなものが多かったようにも思います

それだけ文房具に対する色々なアプローチがあるのでしょうね

スキャンとか
数年前なら考えられなかったし
スマホのアプリだって今や勉強や仕事に使えるものが
たくさん出ています

私も今となってはスマホがないと仕事に影響が出る程です

便利になったといえばなったのですが確かに
最後に木村拓哉さんがいっていましたが

「便利になった分、失われる技術もあるよね」と

確かにそうかもなーと妙に納得してしまいました。

 

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top