Z-app! ザップ!

Read Article

Airbnbのトラブルは日本でも起こっている

Airbnbはいわゆる民泊を斡旋するサービスです。
ほぼ世界中で利用することができるのですが基本的には民家に泊まったり受け入れたりということを個人レベルでできるサービスです。

僕的には素敵なサービスだと思います。
普通に考えると外国からの旅行者を家に泊めるという、貴重な体験ができるわけです。
また、海外に旅行した際にも民家に泊まることでこれまた貴重な体験ができるわけです。
ただ、最近の実情はすでにビジネスになってしまっているようでなかなか残念な状況もあるようです。

日本においてはこのサービのをホスト(部屋を貸す方)は「旅館業法」の規制を受けるようです。
今のところはかなりグレーらしい(クロかも)のですが規制がかかるのは時間の問題でしょう。
本日の毎日新聞の記事によりますと政府の実態調査が始まるようです。
民泊ビジネス:登録1年で3倍に 大半無許可、政府調査へ – 毎日新聞

また、トラブルも実際に少なからずあるようです。
例えばマンションの一部屋を旅行者に貸すとなると近隣の住民は見知らぬ外国人が出入りするわけですから気持ち悪いかもしれません。
また、旅行者は日本のマナーなどを知らない場合もあるので部屋で暴れたりということもあるかもしれません。

更にこれを完全に投機的に行っている人もいたりして又貸しもかなり多いようです。

また、事件があったりしてもAirbnbの保険は8000万円までしか保障されませんから重大なトラブルがあったりしたら目も当てられないかもしれません。

とはいえ、きちんと利用すれば素敵なサービスだと思うのでなんとか健全に市場を作っていってほしいものですね。

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top