Z-app! ザップ!

Read Article

イングランド銀行のエコノミストがビットコインなどのデジタル通貨の可能性を示唆

イングランド銀行

デジタル通貨が担う将来の金融

イングランド銀行のエコノミストはデジタル通貨が金融政策上の問題解決に役に立つ可能性を示唆しました。

それは中央銀行が支払う永続的に発生する費用を定量化し場合によっては金利ゼロも実現しうると言うものです。

もちろん様々な条件あってのものですが確かにビットコインなどのデジタル通貨(仮想通貨、暗号通貨)を利用することにより紙幣が不要になる可能性は十分考えられ通貨発行に関する費用をなくすことができます。
しかしながら、ブロックチェーンベースのトランザクションシステムを利用し通貨を運用することは非常に多くの問題があり一筋縄ではいかないかもしれません。
それはメリットでもありデメリットでもあるのですが「中央銀行が介在できない通貨」であることが大きな要因かもしれません。

また、現時点では国民がデジタル通貨を安易に受け入れるとは考えにくいということが一番のハードルなのかもしれません。

デジタル通貨だけの世界も近い!?

ここからは個人的な見解ですが
今日、ブロックチェーンによる通貨の体制やスマートコントラクションという契約体系的な契約形態はこれからの主流になることは間違いないでしょう。

ただ、それには様々な問題解決やバックアップの問題など超えなければいけないハードルが多々あるかもしれません。
それでもコンピューターの魅力に取り憑かれた我々世代にとっては理想郷なのかもしれませんね。

via:Bank of England Economist Proposes National Digital Currency

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top