Z-app! ザップ!

Read Article

iPhoneのsafariで開いていたタブをChromeで開く方法「CloudyTabs」

iCloudタブをGoogleChrome(グーグルクローム)で開くことができるアプリ「CloudyTabs」

iPhoneのブラウザは「safari」だけれどもMacでは「GoogleChrome(グーグルクローム)」だと言う方も多いのではないでしょうか。
safari同士でiCloudでタブを同期させるのは結構便利ですが今までChrome派はその点で少し損をしていました。

同期中

そんな中、今回はlifehackerでクロームでiCloudタブを開けるアプリが紹介されていたので早速導入してみました。
iPhoneでSafari、でもPCはChromeという人へ:メニューバーからデバイスごとのiCloudタブを表示できる『CloudyTabs』 : ライフハッカー[日本版]

ちなみに「iPhoneでsafari、MacでChrome」という人にしかメリットはなさそうな感じです。

アプリはGitHubからダウンロードするのですが知識のない私でもスムーズに導入することができました。
導入の手順を下記に残したいと思います。

CloudyTabs導入手順

  1. GitHubからファイルをダウンロード
    josh-/CloudyTabs · GitHub
    サイトの中ほどにダウンロード出来る場所があります
    ここからダウンロード

    ここからダウンロード

  2. 解凍してアプリケーションフォルダに移動
    cloudytabs
  3. アプリを開く
    • ただし、セキュリティの関係ですぐに開けない場合は環境設定
      cloudytabs3
    • セキュリティとプライバシーをクリック
      cloudytabs4
    • CloudyTabsがなんちゃらとあるけど「このまま開く」をクリック
      このままひらく
    • ただし、この辺りは個別の設定にもよるものですので詳細なアプリ起動の方法は自身でご確認ください。
  4. アプリを無事に開ければ、メニューバーのクラウドが出現
    クラウドタブ出現

    クラウドタブ出現

  5. すぐにタブが使える状態に
    cloudytabs8

これでiPhoneのsafariで開いていたタブをそのままクロームで開くことが出来ます。
ちなみに逆はできない模様です。

標準ブラウザはChromeにしておく

上記の方法で試してみても「あれ、safariが開く..」という場合はMacの標準ブラウザを変更する必要があります。
変更方法はsafariからです。

  1. safariを開きます
  2. 左上の「safari」というメニューから環境設定を開きます
  3. 一番左の「一般」の最上段の「デフォルトWebブラウザ」をChromeにします

以上です。

私自身もまだ使い始めたばかりですがちょっと便利な小ネタになりそうなCloudyTabsのご紹介でした。

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top