Z-app! ザップ!

Read Article

iPhone6発売日は9月で2サイズ展開な模様!

米「9TO5Mac」が速報!と思いきやソースは日経

はやくもiPhone6の話題が出ています。
アップル、新iPhone9月発売 画面大きく2サイズ:日本経済新聞

もうiPhone5Sが出てから次は「6」と常にギークな人々は次世代を見ています。
アメリカのMac情報サイト「9TO5Mac」でもこの日経の記事を受けて速報を報じています。
iPhone 6 coming as early as September, likely in 4.7-5.5-inch varieties says Nikkei | 9to5Mac

<via9to5Mac>

<via9to5Mac

今回、日経が報じた次世代iPhoneとなる「6」
記事によると
発売の時期は9月が有力らしくしかも激烈在庫の「iPhone5C」の反省からか廉価版展開はないかもしれない。
ただし、廉価版という位置づけではなく液晶画面が2サイズ展開になる模様。

米アップルのスマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」の新機種が今年9月にも世界で発売される見通しであることが27日、わかった。現行機種より画面サイズが大きくなり、iPhoneとして初めてサイズの違う大小2タイプを商品化する。液晶パネルはシャープとジャパンディスプレイ(JDI)、韓国LGディスプレーが供給する方向だ。

液晶サイズは4.7インチと5.5インチ

現行機種のiPhone5S、5Cは4インチだ。
そのベース機種iPhone5も4インチ。
その前の機種となるiPhone4Sは3.5インチだった。

確実に大型化している液晶画面だがその大きさは4インチが適当な感じもしている。
個人的にはこれ以上大きくなると片手での操作が困難になり一層不便になるのではないかと懸念している。

Androidは大型液晶化が著しいが多種のラインナップによりユーザーはわりと好みの液晶サイズをチョイスすることができる。
ただ、iPhoneに関して言うなら基本的には液晶サイズに関してはメーカーの開発次第というところもある。
最も昨今の動画コンテンツに関していうなら大きいほうがイイに越したことはない。
しかし、動画を見るならiPadもあることだしその携帯性や手に収まるフィット感などを大切にしたいユーザーも多いのも事実だ。

いずれにしても液晶はいくつかのメーカーで製造が開始されていると言われシャープの亀山工場でも生産が始まっているという噂だ。
遅くても秋の発売を心待ちにしたい。

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top