Z-app! ザップ!

Read Article

歩きスマホの事故に注意

年々増加する「歩きスマホ」の事故

着物

4月29日東京消防庁の発表によると昨年の1年間での歩きスマホによる事故で救急搬送を要した人が36人と過去4年間で最多だったそうだ。
(自転車乗車時の操作も含む)

ここ近年歩きながら携帯電話を操作し前方への注意が散漫になり事故に巻き込まれるケースが増えている。
私もついつい歩きながらiPhoneを触ってしまう。

とはいえ人混みなどの場所では極力使用を控えている。
ただ、実際に歩きながら色々調べ物をしたい場合もあるしどこでも勉強や仕事ができてしまうのも事実だ。

スマホの普及に合わせて年々増加する事故

このスマホを使用しながらの事故については2010年の1.5倍となっておりますます深刻化してきている印象だ。

自動車の運転時の携帯電話などを注視してはいけないという法律が制定され何年たっただろうか。
あの時も運転中に携帯をさわることによる事故が多発した。

いまのところ歩きスマホの事故の多くは歩きながらぶつかる程度であるが状況によっては入院や死亡のケースもある。

2013年の10月には歩きながら携帯電話を見ていた47歳の男性が踏切に侵入してしまいそのまま電車にはねられるという事故もあった。
また、携帯をみながら駅のホームに転落してしまうケースなどもあり個人的には何らかの罰則もしかたないと思っている。

事故の多くは駅の中もしくは駅周辺なので電車を利用する人は要注意だ。

駅

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top