Z-app! ザップ!

Read Article

AppleタイムカプセルをMacから設定したら超簡単だった。

AppleのTime Capsule(タイムカプセル)を購入

timecapsule

以前はauの無料レンタルのルーターを使用していましたがこのところ接続が不安定なので新しいルーターを購入することになりました。
そこでいくつかの候補はあったのですがMacが2台になったのでバックアップやらも考えた結果タイムマシンを買ったわけです。

2TBのモデルで29800円ですからまあ安くはないですが無線環境でタイムマシーンでのバックアップができることが一番のメリットだと思って購入に踏み切ったわけです。
他のルーター+HDDでも良かったのですが色々と面倒だったので…

購入前にAppleに電話して確認したのですが
AirMac Extreme + HDD = Time Capsle だと思っていたのですが
実はAirMac ExtremeとHDDの組み合わせの場合、無線でのバックアップは取れないということでタイムカプセルになったわけです。
(1台ずつの有線接続が必要)

結論
AirMac Extreme + HDD ≠ Time Capsule
「AirMac Extreme」に「HDD」を足しても「Time Capsule」にはならない。

スポンサードリンク

タイムカプセル到着〜設置

タイムカプセルの箱は開梱要注意だったので慎重に(笑)

開梱は慎重に

開梱は慎重に

やっぱり綺麗な包装で嬉しくなりました。

そして思っていた以上に重量感があります。
大きさは少し大きいです。

既存のauルーターを撤収し新しいタイムカプセルを設置

設置完了

配線が煩雑なのは落ち着いたら整理します。

我が家のルーターはウォークインクローゼットの一角に棚を設けてあるので基本的に配線などは目につかないのでとりあえずこんな感じでOKです。

多少大きいですけどこの中にルーターとHDDが入っていてやっぱりこっちを選んでよかったなと思いました。

Macとの無線設定が超簡単

あまりの簡単さに心配になりましたがこれでいいみたいです。

まず光終端器とルーターを接続し電源を入れる。

Mac側からは「AirMacユーティリティー」で設定
AirMacユーティリティーは探すのが面倒だったのでSpotLight検索から起動

スポットライト検索

AirMacユーティリティーを起動するととりあえずインターネットとの接続を探しているようです。

探してます

ネットワーク設定をしている模様

設定

で、ネットワークの名前を決めたりパスワードを決めるように促されます。

内部設定を色々して設定完了です。

ネットワークの名前

タイムマシンも早速使用できます。

と本当に簡単で5分程で設定が終わってしまいました。
その後、ディスクの共有設定でつまずきましたがそこは次回。

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top